相手を知る3

外出した時、キンモクセイのいい香りが漂ってくるこの季節になると、臨床実習で初めて岡山に来て後楽園に行った記憶が毎年甦ります。卒業年度でしたが、当時は「就活」という言葉もなく、ただぼんやりと「来年の4月には就職か〜」としか考えていなかったような気がします。

さて、前回の続きです。
会社見学における「具体的な10のチェックポイントΑ銑」
整理整頓されているか?
 通路に雑然と物が置いてあったり、あちこちに埃が溜まっていたり、机の上が整頓されていなかったりと、一見して清潔感に欠ける場合には社風や社員各々の意識としてとして「だらしない」「いい加減」であることが想像できます。また、見学者を迎える姿勢としても疑問を感じるはず。
近い将来その一員になると考えたら・・

Ф般海箸牢愀犬覆気修Δ覆發里飾ってあったり、置いてあったりする。
 例えば、オフィスの机の上に週刊誌やマンガが放置されていたり、私物がところ狭しと飾ってあったり、仕事場としてふさわしくない物が多く並んでいたりするのは、風紀が乱れている証
と考える事が出来ます。

担当者が横柄または頼りない。
 就活生もお客様であることに変わりはなく、礼節を欠くような態度や言葉遣いは論外です。
将来一緒に働くかもしれない人に対し、しっかりとした対応が出来ない会社には疑問を持つべきでしょう。また、質問に対し真摯に回答しくれない、答えられない事が多すぎる担当者だった
場合には、その会社の新卒採用に対する誠実さは、かなり低いと考えていいと思います。

必要以上に入社や受験を勧めてくる。
 見学時から激しい勧誘をしてくるところには要注意です。そういった場合には、会社側が、とにかく人員の「数」を確保したい、または「誰でもいい」という意識が働いていると考えられます。勧誘しなくても、就活生自身が選択してくれることを待つくらいの余裕がある会社なら間違いないと思います。

最終的には、エネルギーを感じるかどうか?
 上述した以外にも、様々なチェックポイントはありますが、やはり最終的には、その会社から
伝わってくるエネルギー(理念、情熱、姿勢、風土、文化、想い、意思、信念、哲学・・等)
がプラスであるかどうかだと思います。
 数値化できないそのエネルギーを、自身の感覚をフルに活用し、しっかりと感じ取っていただきたいと願っています。 


過去の記事はこちら
相手を知る
相手を知る


鈴木 茂和


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS