認知症ケアについて考える

私たちの暮らす現代は、超高齢社会を迎えて認知症者は2025年には700万人を超えると言われています。
実に65歳以上の高齢者5人に1人が認知症者ということになります。
このような社会背景がメディアから発信され社会問題となりつつある地域での認知症ケア。
アール・ケアでも認知症ケアについて様々な活動を進めています。
認知症対応型通所介護 葦束 では、昨年から認知症機能訓練システム4DASを導入しており、通所介護における認知症ケアの中心として活用しています。
認知症機能訓練システム4DASとは、兵庫県西播磨県民局、兵庫県西播磨認知症疾患医療センターが開発した独自の認知症機能訓練のプログラムです。
その特徴はリハビリ専門職がいない事業所でも効果的な機能訓練が安全に実施可能であること、そして、身体機能・認知機能・生活機能・認知症の行動・心理症状(BPSD)の4つの側面からアセスメントを行い、対象者を8つのタイプ(A〜H)に分類してタイプに応じた認知症機能訓練を実施する手法が可能になることです。
葦束には作業療法士を配置しており、管理者とともに事業所の介護職員に共有、実行しているところです。
在宅での生活が1日でも永く継続できるように、そして、質の高い認知症ケアが提供できるように、事業所としてしっかりとサービスを磨いていきたいと思います。
 

大月  博


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS