日常が失われる時

 まず初めに、この度の西日本を中心とした豪雨により、被害に遭われた方々、地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、水没、浸水によってお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 

 2018年7月6日から降り続いた豪雨により、過去に比類のない甚大な被害がもたらされました。当社サービスをご利用のお客様、ご家族、社員、家族を含め相当数の方が被災され、数日たった現在でも、その爪痕が被災者を苦しめています。
 最も大切な生命、そして生活、財産を一瞬にして奪われた人達の心情は計り知れないものがあり、運よく被災しなかった者からすれば、無責任にそれを論ずる立場にはないですが1日も早く穏やかな日常が戻ることを願うばかりです。
 また、報道からしか知りえないですが、家屋の屋根まで浸水しているような極限の状況にあっても、自身の命を顧みず他人を助ける方々、避難を呼びかけ続ける人、浸水している中安全確保に奔走する人達、いち早く被災地に入りボランティアとして活動されている方々には本当に頭が下がり、胸が熱くなる思いです。

 

 現在、想定されている「南海トラフ地震」を含め、今後も自然災害は必ず発生すると予測出来ます。その中で「平成最悪」といわれる今回の不幸、不運な豪雨災害から、もし未来に繋がる何か学ぶべきものがあるとするならば、それはやはり「備える」ということの大切さ、重要性ではないかと思います。将来に渡って必ず起こり得る自然災害に対し、人類として「備えることでしか抗えない」そんな風に感じています。
 そして、住み慣れた場所がある、帰る家がある、家族で平穏に過ごせる、毎日仕事が出来る、お風呂に入れる、快適に睡眠がとれる、必要な物がすぐに手に入る、好きなものが食べられる、友達や仲間と笑って話が出来る、車やバス、電車で行きたいところに行ける。など普段は全く意識しない日常であっても、それを営めることの有難さ、変わらない日常であっても、穏やかに過ごせることへの感謝を忘れず毎日を生きていかなければならないと思います。

 

 最後に、全国の被災された地域の一刻も早い復旧と、二次的な被害としてこれ以上拡大しないことを心よりお祈り申し上げます。

鈴木  茂和

 


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS