働き続けられるために

 上記の表は、直近5年間の当社における育児休暇取得率や出産後の就業継続率を示したもので、いずれの数値も全国平均を上回っています。
 思い起こせば、規模的にまだまだ小さかった10数年前には、未整備な部分も多く、社員から「妊娠、出産した後に働き続けられる環境が揃っていない」「子育てと仕事の両立が難しい」「妊娠=退職を考える」との厳しい意見も聞かれていましたが、時間の経過とともに改善を進め、現在では妊娠⇒出産⇒産育休⇒復帰(時間短縮勤務含)という働き方が、当社では当たり前の文化として根付いてきています。会社の取り組む姿勢が変化したことや、関連する規程の整備を進めた事も要因ではありますが、何よりも大きいのは各事業所の社員それぞれが、妊娠が判明した社員に対して、理解と配慮、気遣いを十分に行ってくれていることが最大の理由であると思います。
 女性の活躍が不可欠であり、将来の人材難が叫ばれるこの業界において、自らの生活背景とのバランスが保て、子育てをしながらも長い期間にわたって継続勤務が出来る環境をしっかりと整備していくことが、今後予見される介護人材不足に対して抗える大きな要素であることは間違いありません。
 「働きやすさ」と一言に言っても、それぞれの価値観も微妙に違い、求める部分も多種多様である以上、そのすべてにケアは難しいとしても、企業として出来得る限り、その実現に向けて追求していかなければならないと考えます。

鈴木  茂和

Related Entry

PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS