責任者研修

今日は当社の責任者を対象とした社内の研修の日でした。

当社では昨年の7月から1年間をワンクールとして、責任者と責任者候補者を対象として運営・管理コースと人材育成コースの2つのコースに分かれ行ってきました。

本日はこの運営・管理コースの最終日でした。

1年間参加してきた責任者の皆さん、お疲れ様でした。

 

1年間の振り返りを行うと共に、社長から当社の中長期の事業計画や責任者に求める役割について、改めて責任者の皆に伝えられ、さらには今後の組織作りの方針についても伝えられました。

 

国を挙げての地域包括ケアシステムの醸成が進む現在、そして更にこれから先の時代を進んでいくために。そして、当社が目指す『介護”も”出来る会社』となるために。

 

まだまだ課題は山積みです。

 

今日は気持ちを新たに自身や現状を見直す機会でした。

 

アール・ケアという会社が地域に在り続け、ご利用になられる方々の人生において良き一助となれるよう、皆で一丸となり成長して行かねばなりません。

 

今日参加した面々は、きっと同じような気持ちを各々もったのではないでしょうか。

今日の決意を胸に、明日からまたネジを巻いて進んで行きたいと思います!

 

 

挑戦はまっ先に。サービスはまっすぐに。

山崎 寛幸

 

地域包括ケア推進室の仕事

以前のブログで紹介しましたが、アール・ケアには「地域包括ケア推進室」という部署があります。(内容はこちらをご参照下さい)
この部署の取り組みは地域を耕すこと、地域のお役に立てる活動を保険事業とは別に進めていくことにあります。
アール・ケアの取り組みとして、出前講座を玉野市、岡山市等で提供できる体制が徐々に構築され様々な専門職が地域で活躍できるようになりました。
その一部はアール・ケアのインスタグラムに紹介されています。興味のある方は是非チェックしてみてください。

地域には、地域ごとに様々な課題があります。
地域包括ケアシステムの構築については、自助・互助・公助・共助をキーワードに地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に合わせて作り上げていくこととされていますが、地域ごとの課題や要望は私たち専門職が、介護保険事業者としてではなく、「生活者」としてかかわっていくことで見えてくるものが大きいのではないかと感じています。
この部署で活躍してくれている2名のスタッフと出前講座等で地域で活躍してくれている様々な専門職が「生活者」の視点で関わり、地域課題に取り組んでいくことが今後の地域包括ケアシステム構築には必要不可欠です。


大月  博
 

「仕事」にもいろいろ

 

 中学校で英語を習い始めてから「仕事」=「Work」としか認識をしていなかったですが、実は「仕事」=「Work」だけではなく、英語ではその「仕事」の中身によって使い分けが決まっていると言います。
 例えば「仕事」と訳される言葉として並べると「Work」の他「Labor」「Job」「Occupation」「Vocation」があり、それぞれの意味合いは
Labor」=単純作業、苦役に分類される仕事
Work」=ある目的を持って努力する仕事、何かを工夫しながら成し遂げていく仕事
Job」=働き口、お金と等価交換する仕事
Occupation」=職業、職種
Vocation」=天職
 となります。
 ちょうど1か月前に入社した新入社員にとって、配属された事業所における現状の「仕事」はどれにあたるのだろう?初めて社会に出て、不安の中で自らが選択した「仕事」をどのように受け止めているのか?を想像する中で、少なくとも毎日の仕事が「Labor」ではなく、何かに近づく「仕事」であって欲しいと思っています。
 どんな「仕事」でも、その考え方や解釈、気持ち次第で、「単純作業」にも「目的のある仕事にも」にも「天職」にもなり得るはずであり、またその段階まで導くのも私達、リーダーや先輩の役割であり責務であると考えます。未来において11名の新入社員からいつの日か『一生懸命「仕事」」しています』という言葉が聞けることを楽しみに待っていたいと思います。

 

鈴木 茂和

 

物事を大所高所より

左から、逢沢一郎(元外務副大臣)/私/田中昌史/川崎二郎(元厚生労働大臣)/小川克巳(厚生労働委員)/中谷 元(元防衛大臣)


東京にて、先生方との夕食会に参加させていただいたのが、去る3月27日。
ちょうど、北朝鮮の幹部が中国を電撃訪問し、その本人は誰なのかが世間を騒がせていたが、先生方の間では既に情報収集済みだった。
覚者とも言える方々と外交、防衛、厚生行政等、国のあり方について、素人ながら懇談させていただいた。
日々の私たちの生活では、接することのない情報や観点で多くのことを教わったが、いずれも日本を良くすること、国民を幸せにする観点だった。

いつもいつも目指すものを遠くに置き、確信をもって歩を進めることの重要性。
今回は、これを覚者から学んだ。

山根 一人

our promise

平成30年度、私が担当させて頂いております通所介護事業部には5名の新入社員が配属となりました。

入社後2週間の全体での新入社員研修を経て、通所介護事業部としての研修を、プラス一日行いました。

 

通所介護事業部の新入社員研修では、ブランドプロミスの意味、解釈について、通所介護に関連する法令の説明、現場で行うおもてなしについてなどを1日かけてお話させて頂きました。

 

そして、事業部研修の最後に、グループワークとして、1時間半の時間を使い、『アワープロミスを考える』というテーマを与えました。

以前、このブログで通所介護事業部のブランドプロミスも紹介させて頂きましたが、お客様、あるいは社員間、他者や自己に対して、私たちが何を大事にして、何をお約束するかというものの新入社員versionを新入社員5人全員で考え、作成してもらいました。

 

新入社員のみなさんが考えた、この1年間の“our promise”を紹介したいと思います。

 

●全員が最優秀新人賞を目指します。

 ・目標をもってやりがいを見つける。

 ・日々の業務のマストをこなし、キャン、ウィルにつなげています。

●仲間と会う機会をつくる。

 ・月1回会合し、お互いの近況を報告し支えあい、切磋琢磨しあう。

 ・同期が味方でいる事を忘れない。

●私たちは素直さ、謙虚さ、朗らかさを持つ。

 ・素直に聞くことで人は成長する。先輩からの指導に素直に聞くことが成長につながる。

 ・謙虚かつ貪欲に仕事に取り組む。

 ・明るさスイッチ常にオン!!

●私たちは事業所の「アイドル」を目指します(会社に貢献する!!)

アール・ケアのファンをつくるために事業所のアイドルになります!!

  ,客様の顔とお名前を1番に覚え、そして自分の顔も覚えて頂く。

 ◆^Щ△鬚靴辰りする。先輩社員に負けないフレッシュな挨拶。

  プラスワンのおもてなしをしっかり行う。

この思いを1年間忘れずに精一杯頑張りたいと思います!!

               平成30年4月16日 通所介護事業部 新入社員一同

 

このプロミスからもわかるように、前向きでやる気に満ちた個性的な5名の新入社員であり、入社してくれたことを本当に有難く思います。

今頃は、各事業所での業務がスタートし、実務を一生懸命頑張っていることと思います。

新入社員全員が、この“our promise”を胸に、日々の業務、経験の中で立派なアール・ケアの社員に成長することを願っています。

 

小馬 誠士


PROFILE

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

BACK NUMBER

SEARCH

MOBILE

qrcode

ARCHIVE

OTHERS